高度生殖医療で夫婦の願いが叶う|最新の治療法

体の状態に合わせて選択

ウーマン

妊活サプリは妊娠を希望する夫婦のサポートをしてくれる商品です。ホルモンバランスを取ってくれたり、血流を増やして体を温めてくれる成分などが配合されています。過剰摂取はホルモンバランスを崩す場合があるため、注意が必要です。

もっと見る

サプリの優位性

レディ

葉酸は胎児の神経管閉鎖障害のリスクを低減させる効果があります。そのため、妊婦におすすめの成分です。食材からはなかなか摂取することができないので、葉酸サプリで身体に取り入れることをおすすめします。成人であれば1日240μgが基準値になります。

もっと見る

ゆったりとした気持ちで

ドクター

妊活では身体を温め、血行を良くすることが重要です。血行不良は代謝を悪くし、生理や排卵に異常を起こさせます。またストレスはホルモンバランスを乱し、妊娠を妨げることが分かっています。ストレスによる不妊を引き起こさないよう、リラックスして妊活をしましょう。

もっと見る

不妊症の増加とともに

病院

利用者が増加した理由

高度生殖医療とは、不妊治療の一種です。不妊治療の中でも、受精を体外で行う治療方法全般をさし、より妊娠が難しい夫婦が取り組む治療方法です。高度生殖医療は、具体的には体外受精と顕微受精があります。体外受精とは、卵子に精子をふりかけて自然に受精させるもので、顕微受精は卵子に直接精子を挿入して人工的に受精させるものです。いずれも、高度な技術が必要となるため、治療費も高額になります。しかし、年々利用者は増加傾向にあります。その理由は、冷えや食生活の乱れなど妊娠しにくい環境に変化してきていることという直接的原因と、費用をかけても子どもがほしいと願う夫婦が増えているという心理的側面があります。少子化の進む日本では、今後は補助金などが多くなることが予想されるため、利用者もより増加すると予想されます。

夫婦の心理状態も重要

高度生殖医療を行う夫婦は、精子の運動量が少なかったり、精子がほとんどなかったり、卵子の状態が悪かったりといった妊娠しにくい条件がある夫婦が多いです。高度生殖医療を試す前に、より負担も少なく自然な形である一般不妊治療を行うのが通常の流れです。しかし、検査の上なんの異常もなくても、一般不妊治療では妊娠できない夫婦もいます。妊娠と出産についてはまだ神秘的な部分が多く、なぜ妊娠するのか、逆に妊娠できないのかわからないことが多いのです。そして、高度生殖医療という高度な医療行為においても、うまくいくかどうかには夫婦の心理状態というスピリチュアルな要素が大きく関係しています。夫婦の心理状態が良好だとうまくいく確率は高くなるといわれているため、治療中であっても日々を楽しむ気持ちが重要です。